うつ病の方の接し方

ウーマン

うつ病の方が周りにいる方は、接し方やどのような言葉をかけてあげればいいのか悩まれる方もいると思います。精神状態が不安定であるため、かける言葉一つでますます落ち込んでしまったりすることがあるかもしれません。うつ病の方にいってはいけない言葉がありますので、接し方に気をつけていきましょう。うつ病の方に「頑張って」という言葉はかけないようにしましょう。うつ病になった方は今まで、頑張りすぎてしまったため、ストレスをためて病気を発症してしまった方が多くいます。そのような方に「頑張って」という言葉は、重荷になってしまうことがあります。「前向きにいこう」などの言葉や「早く治ってね」など、病気の回復をせかすようなことは言わないようにしましょう。うつ病の方にとっては、ささいなことも負担になることがあるので、接し方には注意が必要です。ではどのような言葉をかけるといいのでしょうか。その方の頑張りや辛さを、一緒に共感してあげることも大切です。「頑張ったね、ゆっくり治していこうね」や「何かあれば相談に乗るよ」などの言葉をかけてあげるようにしてください。あなたの接し方で、うつ病の方がいい回復に向かう手助けができるようにしてあげるといいですね。

うつ病を患っている方への接し方がわからない場合、精神科や心療内科に在籍するカウンセラーに相談すると良いでしょう。カウンセラーから的確なアドバイスをもらうことができる他、言ってはいけないNGワードなども教えてもらうことが可能です。意識して接することにより、うつ病患者の早い改善を見込むことができると考えられます。