うつ病になってしまった方への接し方の方法
女性とハート

家族のサポートが大切

家族がうつ病にかかってしまった時、どのような接し方が正しいのか分からない方も多いと思います。ここでは、家族がうつ病になった時のサポートの仕方を紹介していきます。

男の人

うつ病になりやすい人

うつ病になりやすい人の特徴とはどのような性格なのでしょうか。人との接し方や考え方を少し変えてみるだけで、うつ病になるリスクを減らすことができます。ここでは、うつ病になりやすい人の傾向を見ていきましょう。

病院と人

女性の脳の仕組み

女性は男性より、うつ病になる確率が2倍と高くなっています。女性は人生のうちで妻、妊婦、母親と色んな役割に対応していき、色んな人へ接し方を変えていかなければいけません。ここでは、女性がうつ病になりやすい原因について探ってみましょう。

カウンセリング

新型うつ病とは

最近のうつ病には、新型うつ病という病気もでてきました。新型うつ病は通常のうつ病と違い、他人との接し方が攻撃的になることがあるようです。新型うつ病には、どのような症状があるのでしょうか。

ウーマン

うつ病の方の接し方

うつ病の方は接し方によって、症状が悪くなったりする場合があります。それは、あなたがかける言葉によって深く傷ついてしまう可能性もありますので、しっかり向き合っていくことが大切です。

病院の探し方

婦人

日本における、うつ病患者は年々、増加しています。うつ病とは、今では多くの方に知られるような病気となっていますが、普通の体調不良と思われてしまったり、何もやる気がないと怠け者とみられたりするため、心の病は見た目では分からないので、判断が難しくなってしまいます。また、周りの方も接し方が分からないので、周りの心ない言葉にますます傷ついてしまうこともあります。気分の落ち込みが続くようであれば、心療内科に相談に行くことをおすすめします。今では自分の状態が、うつ病なのか分からないという方には、簡単にできるうつ病診断というのもあります。心療内科のHPや、サイトに掲載されていることがあるので、やってみるといいでしょう。しかし、診断の結果が全てではありませんので、不安のある方は心療内科へ行くようにしましょう。では、うつ病になってしまった場合、どのような病院を選んでいけばよいのでしょうか。うつ病になると、何もしたくなくなるため、病院へ行きたくない方も多く出てくるかもしれません。自宅から遠い病院を選ぶと、通うことも億劫になってしまう恐れもあるため、なるべく近い病院を選ぶようにしましょう。評判の良い医者が近くにいない場合は、交通が便利な病院を選ぶといいでしょう。徒歩5分以内で電車やバスで行ける場所なら、心の調子が悪い時でも付き添いの方が居れば、無理なく通えるでしょう。交通便利の良い病院を選び、継続して通える病院を選ぶようにしましょう。そして、うつ病といっても、診療する科がたくさんあるため悩むかたもいると思います。大まかに取り上げると、精神科・神経科・メンタルヘルス科・心療内科・精神神経科等です。以前から、うつ病の患者さんをみている科は、神経科・精神科の二つでした。心療内科はストレスが元となっている体の不調を、主に治療していることが多いようです。そのため、うつ病の原因となっている、問題を解決できない場合もありまたが、今では心療内科でも、うつ病を対応としているところも多くあります。メンタルヘルス科も、精神科のように心の病の方を対応しています。様々な名前で科があるのは、偏見を避けるためや、時代の背景に合わせて名前を使用していることも多いようです。うつ病患者への接し方がしっかりしている病院を選び、心の病を解決していきましょう。